リゴニアのブログ

賜物に満ちた牧師や聖書学の教師による、聖書的、神学的、実践的テーマに関する示唆に富む記事を掲載し、クリスチャンの信仰の成長を励まします。


2024年02月22日(木)

聖霊による義と平和と喜び

パウロ書簡の中で、パウロは王国を意味する言葉を14回しか使いません。これらの箇所の多くは神の国を将来において体験する現実として言い表しています。パウロはローマ人への手紙14章17節においてのみ神の国を現在の現実として言い表しています。「神の国は食べたり飲んだりすることではなく、聖霊による義と平和と喜びだからです。」