リゴニアのブログ

賜物に満ちた牧師や聖書学の教師による、聖書的、神学的、実践的テーマに関する示唆に富む記事を掲載し、クリスチャンの信仰の成長を励まします。


2024年03月05日(木)

贖われた民の感謝の歌

神のご性質について、人が疑いを持つべきようなところは一つもありません(申命32:3-4)。にもかかわらず、エバが園で神の意図に疑問を抱いて以来、人は神の言葉や動機を疑ってきました。不信仰とは、神は不義だとか無能だといった、間違った前提をもとにしています。そして摂理に不平を言ったり、神が約束を果たすのを「手助け」したり、神を信じる前に証拠を求めたり、神からの独立を主張したりすることで現されることがあります(創世16:1-6, 18:10-14; マタイ16:1, 4)。完全なお方に対する私たちの疑念は、私たちの不完全さと、神に関する知識の欠陥を明らかにしています。